HOME > 決算申告

個人事業として始めたクリニックが発展し、税金負担が重く感じたり、分院や介護事業などの新しい事業展開または事業承継を視野に入れるようになると、法人(医療法人)化を考えるドクターが増えてきます。

医療法人とは、医療法の規定に基づき、病院、医師もしくは歯科医師が常時勤務する診療所または老人保健施設を開設しようとする社団又は財団で、都道府県知事の認可を受けて設立される法人のことを言います。

法人化されると、医業収入は法人の収入となり、経営者であるドクターは法人から給料をもらうことになります。ここが個人事業時代と根本的に異なる部分で、よく理解しておく必要があります。