HOME > 経営サポート

医療法人のメリット

 ashida_35a.png

・個人と法人の資金が明確に分けられ、経営管理がしやすくなる。
・個人の所得税と住民税の負担が軽減される(申告所得1800万円以上)。
・給与所得控除が受けられる。
・家族に実質的な理事になってもらい、理事報酬を支払い所得の分散をする。
・医療法人にプールされる資金を運営ノウハウにより診療報酬増に活用する。
・老後の年金・退職金を医療法人にプールしてもらい年金・退職金を確保する。
・老後の資金作りのために経費になる生命保険を活用する。
・医療法人にプールされる資金に働いてもらい、「お金」が「お金」を生む仕組みを作る。

・分院を設立し、分院に医療技術と経営ノウハウを持ち込み、分院のドクターに開業の醍醐味を知ってもらい、利益を再配分する。
・分院を譲渡することにより、「のれん代」「営業権」を含めた利益を確保することができる。
・社員総会で承認された資金の保管方法を取ったにもかかわらず、資産価値が目減りした場合、節税効果を期待できる。
・保養所を医療法人の資金で利用できる(個人使用割合という考え方がなくなるため)。
・個人所有の自動車も法人名義になれば、100%経費。
・厚生局からの振込みから源泉税が無くなる。(請求金額全額受け取り)
・医療法人は、有床診療所などを運営する場合、隣接地に理事長の宿舎を持つことができる。
・クリニックを個人で買ってしまった場合、その返済に多大な税負担が確定するが、クリニックを医療法人に売却し、医療法人の利益で返済することができる
・開業当初から医療法人でスタートができる都道府県もあるが、この場合運転資金の借り入れも、医療法人の利益から弁済することができる。

・介護事業に進出できる。
・訪問看護ステーションなどを自前で持つことができる。
・借入金の主体が医療法人になり、保証人は理事長のみで足りる。
・相続対策になることもある。